キャンプ

プジョー3008 ルーフカーゴ装着!!!

更新日:

キャンプって荷物多くなりますよね。

ソロキャンならまだしも、家族4人でコクーン3を持っていく時は、3008では夜逃げのような積載になっていました。。。

ラゲッジスペースは後ろが見えないのが当たり前。

室内の後部座席も圧迫感ありまくりです・・・。

圧迫感と外の景色が見えないことなのか、後部座席は車酔いするという環境でした。

そのため、遠出のキャンプ場はまだしも、近場でのキャンプからも遠ざかっていました。

このキャンプ積載問題をどうにかしなければと思い、色々考え始めました。

プジョー3008 ルーフカーゴ装着!!!

積載問題解決はだいたいこのような感じでした。

1.荷物を減らす → 軽量&コンパクトにすると更なる投資が必要・・・

2.ルーフキャリアを装着 → ルーフキャリアの形状/容量で足りるのか不明

3.ルーフカーゴを装着 → 車へのサビや水垢が心配

4.ヒッチキャリアを装着 → スクエア型のヒッチメンバーが無い

5.牽引する → スワン型ヒッチメンバーはあるのはある。年に数回しか使わないので、保管場所等の問題が新たに発生。

うちの場合調べていくうちに、3のルーフカーゴに落ち着きました。

理由として

・コンテナBOXや椅子など、カーゴ内に収まればOKな自由な積載

・ベースキャリアさえあれば、カーゴタイプの選択肢が多い

・使うときだけ装着して、使わない時は自宅保管できる

・ベースキャリア、カーゴの取り付けで15分で装着できる

ほぼ週1で洗車しているので、

キャンプに行く週は、洗車ついでにベースキャリアとカーゴを装着して、キャンプ当日まで備えるという作戦です。

ベースキャリアの選択

僕もつけるまであまり詳しくなかったのですが、ルーフカーゴを装着するには、台座となる「ベースキャリア」が必要になります。

車のボディに直接ルーフカーゴを乗せるワケではありません。

なので、ベースキャリアから選ぶところから始まりました。

※型番は備忘録です!参考にされる方はご注意ください※

候補としては

・INNO (スルータイプステー/XS450 + フック/TR168 + バー/XB123) 最大積載量=50kg

・THULE (フット/7106 + ウイングバーEVO/7112 + 取り付けキット/6040)最大積載量=75kg

の2つにしました。

どちらも、有名メーカーです!

INNOのメリットとデメリット

メリット:パーツごとの選択になるので自由度が高い。THULEと比べると安価。

デメリット:カタログと睨めっこしながら選択するので知識が必要。ブランドイメージがTHULEの方が上。積載量が50kg。

THULEのメリットとデメリット

メリット:プジョー純正オプションにもなっているブランドイメージ。3008用セットある。積載量が75kg。

デメリット:価格が高い。

今回は色々荷物を積み込んでも大丈夫なように、積載量が75kgあるTHULEの方にしました。

値段はそれなりにしますが、3008専用セットになっているし、保証も5年あるので安心だったのも決め手でした。

少しでも、コスパを下げたい時はINNOの方を選んでいたかも知れません。

ルーフカーゴの選択

土台となるベースキャリアが決まったので、お次は、肝心の荷物を乗せるカーゴを選びます!

カーゴの選択肢はかなり多くて、ベースキャリアと同じメーカーで揃えて統一感を出すか、使い勝手の良さそうな物にするかで、探してて楽しかったです。

統一感重視

THULE ルーフラック

しかも、オプションの延長パーツを入れ込めば、50cmほど延長できます!

THULE スーリー キャニオンXT(TH859XT)用 オプションパーツ・エクステンション TH8591XT

見た目重視

Terzo テルッツォ ルーフバスケットラック

ゴツゴツした見た目でとてもかっこいいです!

このTerzoルーフバスケットラックもオプションで、延長キットがあります。

ルーフバスケットラック用エクステンションキット ブラック EA310専用

コスパ重視

e-choice 鉄製 ルーフラックR12

シンプルな見た目で、ラック内サイズも124cm×97cmと広いです。

と色々見ていたのですが、年に数回キャンプに行く時しかつけないので、コスパ重視のe-choice 鉄製 ルーフラックR12を選択しました。

プジョー3008 ルーフカーゴ装着!!!

TOP画にもなっていますが、ベースキャリアとルーフカーゴを装着するとこのような感じになります!

固定方法は、バーとカーゴを巻き込むようにステーで固定する感じです。

説明書通り取り付ければ大丈夫とは思いますが、ホームセンターに行ったら、ちょうど良さげな滑り止めスポンジがあったので付けてみました。

傷防止にもなるし、滑り止めにもなるしで、いいやつです!

品番を控えるのも忘れたので、後々追記します。

まだ、ルーフカーゴを装着してキャンプに行ってないですが、これだけルーフのスペースを活用できるので、道中も快適な旅になりそうです!

追記

先日、ルーフキャリア取り付けの動画撮ってみました。

バーにマーキングしたり、フロントとリアで幅を決めておけば、15分ほどで取り付け可能でした!

-キャンプ,

Copyright© 子そだて★Camp! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.