キャンプ

MSRウィスパーライトメンテナンス&ジェット交換

投稿日:

どうも、こんにちは(^_^)

今日はボクがキャンプや山登りなどで、愛用しているアウトドアグッツのメンテナンスです。

MSR ウィスパーライトインターナショナル

このバーナーは

アメリカのアウトドアメーカーのMSRが発売している

ガソリンや灯油を燃料とする、液体燃料のシングルバーナー です。

通常液体燃料のバーナーは

燃焼音が単気筒のエンジンのような、けたたましい爆音を周囲に響かせますが

このウィスパーライトは、「ウィスパー」の名前の通り

ガスのシングルバーナーと同じような大きさの燃焼音です(^_-)-☆

朝からキャンプ場で使用しても、お隣のテントの人にもやさしい燃焼音です笑

しかも、燃料の種類は

・ホワイトガソリン

・無鉛ガソリン

・灯油

の3種類が使えます。

※灯油は燃料の噴出口で「ジェット」と呼ばれるパーツを、付属の灯油用に付け替える※

それでは、簡単なメンテナンスをしていきます。

MSRウィスパーライトメンテナンス

その場でお手軽メンテナンス

キャンプや登山などでの出先で簡単にメンテナンスする方法です(^_-)-☆

1.ストーブ本体を持って、上下にシャカシャカ振る

以上です。

えっ?!となるかもしれないですが、これでOKです!

なぜかと言うと

「ジェット」という燃料が、気化して噴き出る髪の毛の大きさぐらい小さい穴が開いたパーツがあります。

そのジェットの中に「シェイカーニードル」という、ジェットの穴と同じぐらいの大きさの針が入っています。

写真の真ん中のパーツです。本体をシャカシャカ振ることで、このシェイカーニードルの針がシャカシャカ動いてジェットの穴をクリーニングしてくれるというワケです(^_^)

ジェットが目詰まりや汚れが付いていると、炎が不安定になります。

調子が悪かったら、本体を振って燃料ボトルをポンピングして内圧を高めて、ジェットの汚れを吹き飛ばしてみましょう☆

フェーエルライン清掃&ジェット交換

前回使用した時に赤火がチラホラ出ていたので、ジェット周りをメインに清掃します。

ついでに、灯油(ケロシン)で使っていたので、UKジェットからUGジェットに交換します(^_^)

UKジェット→灯油用

UKジェット→ガソリン用

1.本体とフェーエルラインを取り外します。

プライミングカップの後ろを持って、反時計周りの回せばOKです☆

プライミングカップが取れたら、ウィックを取って、フェーエルラインを取り外します。

このフェーエルラインは真鍮で出来ている為、非常に柔らかく変形しやすいので慎重に外しましょう(^_^)

2.ジェットを外す

ジェットを外します♪

この工具は付属のスパナです。

ここも真鍮なので、力を入れ過ぎないように慎重に作業します

外れたところ(^_-)-☆

真ん中がシェイカーニードル。右がUKジェットです。

3.フェーエルラインクリーニング

フェーエルラインのワイヤーを、プライヤーなどで挟んで

ワイヤーを出し入れして、ライン内の汚れをこそぎ落します!

ワイヤーを抜き取って、パーツクリーナーを噴射するとよりキレイになります☆

4.元に戻す

今回はここまでで元に戻します(^_^)

元に戻したらテストと称して点火します!!!笑

いつもプレヒートは、燃料(ガソリンor灯油)ちょろ出しでしています。

やはり、ガソリンはプレヒート時間が短くていいですね!

収納時もすぐに揮発するので、臭いが付きづらいです☆

プレヒート後は安定した青火でいい感じでした(*´▽`*)

ここまで、すると早くキャンプか山登り行きたいですねー。

アロベビー UV&アウトドアミスト

-キャンプ

Copyright© 子そだて★Camp! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.