料理

【お手軽】5分で出来るイワシの蒲焼丼

投稿日:

生のイワシを買ってささっと作ってみました。

時間が無い時は缶詰のイワシの蒲焼でも全然いいんですが、ちょっと気持ちに余裕があるときはサクッと作るのもいいです。

イワシは「手捌き」と言って、包丁を使わずに手で開く事も出来るぐらい身が柔らかい魚です。

しかも、面倒なウロコ取りも無いので手間がかかりません。

そんな、手軽なイワシを今回は、ごはんが進む「イワシの蒲焼丼」にしました。

【お手軽】5分で出来るイワシの蒲焼丼

材料(1〜2人分)

・イワシ(15cmぐらいの大きさ) : 6匹

・醤油 : 25ml

・赤酒 : 25ml

・片栗粉 : 適量

・塩 : 適量

・胡椒 : 適量

・油 : 少々

・あつあつご飯

・薬味 : お好みで

作り方

1.イワシを捌く。

包丁で頭の付け根から落とし、腹から尻尾の方に、中骨を親指でゴリゴリする感じで開く。好みで中骨も取っても◎

醤油と赤酒を混ぜておく。

2.血筋などをザッと洗う。

3.キッチンペーパーで水気を取る。今回この工程を飛ばしたため、片栗粉を付ける時が大変でした。

4.塩・胡椒で軽く下味を付ける。

5.片栗粉をまぶす。

この時、左手は魚と片栗粉をまぶす専用の手。右手は魚を取ったり、粉を継ぎ足す用の手。と役割分担するとスムーズに進みます。

6.フライパンで焼く。

フライパンに油を引いて身の方から焼いていきます。「川魚は皮から。海魚は身から」とか「最後の盛り付けの時に上になる面から」とか色々ありますが、カリッと焼ければいいので。

皮側も焼きます。

大きさによっては、蓋をして少し蒸し焼き風にしてもいいかもですね。

7.タレと絡める。

火が通ってカリっと焼けてきたら、弱火にして、最初に混ぜておいた醤油と赤酒を絡めます。

ひっくり返して、身側も馴染ませます。

8.アツアツごはんに乗せる。

お好みで七味やネギなどをかけると、彩りよくなって一層食欲をそそります!

ポイント

イワシは傷むのがとても早いので、素早く調理しましょう。

ただ、アツアツごはんにイワシの缶詰を乗せただけでも美味しいですが、気持ちに余裕があるときは是非トライしてみてください。

余ったイワシの蒲焼は、お弁当のおかずにしてもいいですよ!

マウンテンシティ

アロベビー UV&アウトドアミスト

-料理

Copyright© 子そだて★Camp! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.